神奈川の新築注文住宅 | オリジナリティのある狭小住宅を建てる|狭い土地も有効に使う

神奈川の新築注文住宅

十人十色の家づくり

神奈川県相模原に本社があるサカエ建設は、施工力、提案力が自慢の建設会社です。神奈川を中心に注文住宅を手掛けています。40年近い豊富な経験と、年間約100棟という棟数を生かしたボリュームコストダウンで、最新設備も費用を抑えて導入が可能ということで、この費用でここまでできるのか、という驚きの口コミも多くあるようです。サカエ建設は、とにかくそれぞれのオーナーの希望を叶える家づくりをモットーとしているようで、要望を一からヒヤリングし、セレクトできるように複数の案を提示しながら、打ち合わせを進めていきます。まさに十人十色の家づくりです。アフターサービスも、定期点検だけではなく、都度何かあれば対応してくれるようです。

狭小住宅でもハイグレード

サカエ建設の口コミの特徴として、狭小住宅でも、思い通りのハイグレードな家を建てられた、というものが目立ちます。他のハウスメーカーではオプションとなるような設備、例えばダブル断熱、免震スーパージオ工法、防火性能、エコカラット、全床暖房、などがサカエ建設では標準仕様となっているため、良心的な価格でハイグレードが暮らしが実現できるのです。高性能ダブル断熱を導入することにより、狭小地域でもZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準をクリアすることも可能なのです。ZEH基準に適合すれば、補助金を申請することができます。他にも、どこでもドアホン、天井まで伸びるハイドア、お子様がいる家にぴったりのまる壁コーナーも標準仕様です。このように、土地が狭いけれど、ハイグレードな暮らしを手に入れたい・・という方には、サカエ建設は標準仕様のレベルが高いのでおすすめです。